縮尺アイテムの作成

縮尺機能がついたアイテムの作成です。
普通のアイテム作成と同じで、縮尺ボーンに関連(ウェイト設定)を付ければ縮尺が機能します。


【アドバイス】
・縮尺機能は元の白紙にデータを入れないと縮尺が機能しません。
 受け入れる白紙が機能の一部を担っているのと、縮尺用の動きボーン名が異なるからです、
 データを取り出した白紙に入れて使いましょう。
(一部ですがボーン名が同じで異なる縮尺機能がある白紙なら入れ替えも可能です。)

・縮尺ボーンと言っても、名前が違うだけで見た目は一緒です。

・作業で作った作成物の今の大きさが、縮尺50%の状態になります。
 
・縮尺50%の状態で、250の大きさ制限がかかりますので、普通より大きい物が作れます。

・縮尺機能がついたアイテムには2種あり、体に付く物と、地面に付く物があります
 地面に付く物については、まだ未解明です。

・縮尺用の動きボーンを移動する事で縮尺場所も移動が可能ですが難解です。
(縮尺の原点の移動も必要ですので難解です)

・ダイナミクスの動きボーンと異なり、縮尺の場合は白紙の動き壊れは無いようです。

・縮尺基点位置から離して設置すると、拡大では離れるように、縮小では近づくように移動してしまいます。
 逆に、この移動を生かす事も可能です。





縮尺アイテム作成

手持ちや頭、体に付いた縮尺アイテムを作る場合です。

準備

縮尺機能が付いた白紙を入手

【 使用アイテム 】
白紙の縮尺 ~ が付いたアイテム
 取り付け場所に応じた物を選ぶと良いです。


作業

・アイテムのデータをインポートします。
・縮尺のボーンの状況、縮尺ボーン名を調べます。
 元から付いてる関連(ウェイト設定)を見ると、どれが縮尺ボーンかわかります。

・加工や入れ替え作業を行い作ります。
・必要なら、縮尺のボーンとの関連(ウェイト設定)をしたり、確認をします。
・完成



プレートアイテムやグランドプレートなどの場合

現在の所、未解明
素のデータを入れると正常に機能しますが、blenderを通した素データでは縮尺が機能しません。
テキスト編集での改造は可能でしたが、blenderでの改造方法は不明
blenderで改造後にテキスト編集で付加すれば出来るかもしれない

作成については、縮尺足元板アイテムの作成を参照



移動アイテム

縮尺機能と縮尺基点を利用して移動するアイテムが作成可能です。

テキストで縮尺基点設定を変更した物を別途作って縮尺基点を変更してから、
blenderで形状を作った物を入れると良いでしょう。





位置調整可能なアイテム

縮尺機能と縮尺基点を利用して位置調整可能なアイテムを作ります。


位置調整可能な髪飾り

頭につけるシルクハット形の髪飾りを位置調整可能なものにします。
髪型によって浮いたり、めり込んだりするのに対応可能です。
縮尺基点をそのまま利用するので基点調整は不要です。
H作業解説17

【 使用アイテム 】
 「帽子の大きさ、位置を変える改造」で作った物を皮だけにしたものを用意します。


【 作業 】
・白紙の縮尺ヘッドプレート・トップ2(女)のデータをインポートし、ボーン名を調べます。
H作業解説14
前の板の縮尺ボーン名 scafthead0x60fd0f77 
後ろ板の縮尺ボーン名 scabkhead0x3b7695b0 

【参考】
縮尺基点が前後でそれぞれ違うので別けてボーンがついているようです。


・板を消して、シルクハットの皮をインポートして、縮尺ボーンに関連(ウェイト設定)を設定します。
H作業解説15

・関連(ウェイト設定)を確認します。
H作業解説16


・daeデータを作って完成です、元の白紙の縮尺ヘッドプレート・トップ2(女)に入れれば機能します。




指定位置で縮尺可能なアイテム

縮尺基点を調整して、必要な位置で縮尺出来るアイテムを作ります。

大きさが調整可能な髪飾り

頭につけるミニハットの髪飾りを髪の表面で大きさ調整可能なものにします。
白紙を買った人が好みの大きさでアイテムが作れます。


【 使用アイテム 】
 「帽子の大きさ、位置を変える改造」で作った物を皮だけにしたものを用意します。

【 作業 】
・白紙の縮尺ヘッドプレート・トップ2(女)のデータをインポートし、ボーン名を調べておきます。
H作業解説14
前の板の縮尺ボーン名 scafthead0x60fd0f77 
後ろ板の縮尺ボーン名 scabkhead0x3b7695b0 

・白紙の縮尺ヘッドプレート・トップ2(女)のdaeデータをコピーして縮尺基点調整用データを作ります。
 データをメモ帳などのテキストエディターで開きます。

・縮尺ボーン名が付いた「 node id="scafthead0x60fd0f77 」で検索します。
 検索結果の下の行の、これが縮尺の基点を指定しています。
 <translate sid="translate">0.000000 7.564121 3.386197</translate>
 数値はボーン構成一連の中の相対値で順に、左右 上下 前後 なようです。

 この例の場合、頭の中心から 左右は0 上に7.564121 前に3.386197 に
 移動した所を縮尺基点にするようになってます。

 この数値を髪の表面辺りに変更すれば良い訳です、ミニハットの場合はこんな感じに変更してます。
 <translate sid="translate">7.000000 19.500000 7.422000</translate>

・変更したものを上書き保存してデータ作り、これを白紙にインポートして原点を入れ替えます。
 
【参考】
blenderでは縮尺原点の調整が出来ないので、このように別途作業が必要です。
この後にblenderで作ったデータを入れても、この作業で指定した縮尺原点は変わりません。


・板を消して、シルクハットの皮をインポートして、縮尺ボーンに関連(ウェイト設定)を設定します。
H作業解説15

・関連(ウェイト設定)を確認します。
H作業解説16


・daeデータを作って完成です、元の白紙の縮尺ヘッドプレート・トップ2(女)に入れれば機能します。

【アドバイス】
リボンや髪飾りなどが、髪表面で大きさを変えられるのでいろいろ使えると思います。




  • 最終更新:2010-06-16 17:28:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード