ヘアーをアクセサリ分類にする方法

ヘアーアイテムの仕様


ヘアーは取り付け分類を切り替えただけでは足元に髪が落ちる感じになり使用不能です。
これはヘアーだけボーン構成が特殊な為です。
なので他の部分と同じボーン構成に変更すれば利用が可能になります。

PTC終了後、ptpatの書き換えが可能となり、アクセサリ分類の揺れるヘアーが出来るようになりました。
頭身に追従して大きさが変わる機能は未解明なので大きさは変わりませんが
頭の位置には追従しますので複数の髪を付ける利用が可能となります。

製作、使用例 
ss_2012_03.jpg


作り方

形状はそそままで、分類を変えて使用出来るようにするものです。

用意する物

・作りたいヘアーの白紙
・白紙のウィッグ・フロント(女)
・Partyboxと付属のBoltEncoder.exe
・メモ帳ソフトなどのテキストエディター


データの取り出し

・作りたいヘアーの.daeデータをエクスポートして取り出す
・白紙のウィッグ・フロント(女)の.daeデータをエクスポートして取り出す


データの編集

・ヘアーの.daeデータとウィッグ・フロントの.daeデータをそれぞれメモ帳ソフトで開きます
・ウィッグ・フロントにあるボーン構成の位置ボーン部分をコピーしてヘアーの方に貼り付けます
・関連箇所のボーン名を変更します。


ヘアーのボーン構成
○○○○○○○○ 頭の中心


ウィッグ・フロントのボーン構成
root0xcfb0f66b 基点 
spine0x93df8be0 背骨
spine10x1fc72e54 背骨
spine20xba16785d 背骨

neck0xf92c80f1 首
head0xfbca657a 頭の中心
top0x21349a97 頭の上の面

このようなボーン構成なので、頭の中心を書き換え、首から基点までを追加すればいいのです


【注意】
・書き換えミスをするとPTCがエラーで落ちたり、インポートできないです。

変更部分の詳細は希望があれば、そのうち書くかも
やる事は他のアイテムと同じボーン構成にすればいいだけです。


データのインポート

PTCを起動して、作りたいヘアーの白紙を装備し、作ったデータをインポートします。



ptpatの書き換え

作りたいヘアーの白紙のptpatファイルを書き換えてアクセサリ分類化とぷち解除をします



完成

ptpatファイルを暗号化し、元の名前に変えて、Myboxフォルダに入れて完成です

大きさは変わりませんが全頭身で使えるアクセサリ分類の揺れる髪ができます。


応用として、髪揺れの動きボーンを利用した服やスカート、アイテムの作成も可能です








  • 最終更新:2014-01-31 16:21:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード